ちいさくても、ゆたかな暮らしを目指して。





 
名作といわれる住宅に多く採用されている
四間角のプラン。
1階にリビングダイニングと
水まわり(お風呂・洗面)を、
2階には個室を3つ用意し、
一般的な家族が無理なく暮らすことのできる
広さを確保しています。

1階平面図2階平面図ロフト階平面図

i-works 1.0 つくばモデルハウス

※クリックで拡大します。

i-works1.0 展開プラン

i-works1.0は、家族構成やライフスタイルに対応した4つの展開プランを用意しています。


1.0-A
ベースプラン(1.0-A)は大きめのダイニングテーブルをおき、リビングにはソファのほか薪ストーブを設置。造り付けのデスクや収納、キャビネットも用意しています。


1.0-B
ダイニングを丸テーブルとし、空いたスペースに作業台を設けたプランです。リビングには大きめのソファーを置く設定としています。
 



1.0-C
「籠もれる」タタミ部屋を設けたプランです。ダイニングテーブルやソファーは大きめなものを想定しています。
 
 



1.0-D
カウンターキッチンとして、吹き抜けにダイニングテーブルを置くプランです。キャビネットや造り付けのデスクを省き、かわりにソファーでくつろげるスペースを用意しました。
 


i-works1.0の適応家族構成

ゆったりとしたリビングを中心に、落ち着いた暮らしが可能です。2階に3部屋もあるので、主寝室とは別に趣味の部屋としても活用できます。
キッチンに居ながら、リビングで寛ぐご主人や、遊ぶ子供の気配を感じながら暮らせます。2階の3部屋は、子供室、主寝室とは別に書斎としても活用できます。
それぞれの子供部屋まで設けられる設計プランです。リビングアップの階段と吹き抜け空間は、プライバシーを守りつつ、家族とのつながりを感じて暮らすことができます。

このプランについて問い合わせる


誰もが心地よいと思える、珠玉のプラン。






  3.0と4.0の詳細は今しばらくお待ち下さいね。